精神科と心療内科の違いを知って、正しい診断を!

サイトメニュー

更に詳しく違いを知ろう!

聴診器

精神科

精神科とは、精神疾患を扱う科になります。精神とは「こころの健康状態」のことで、それを扱う科なので「こころの症状・病気を扱っている科」のことです。こころの症状とは、不安感やイラつき、落ち込んで気持ちが晴れない抗うつ気分、不眠や幻覚、幻聴、妄想なども心の症状に当たります。このような症状がみられるこころの病気は、うつ病や統合失調症、神経症や不眠症も該当します。このような病気になってしまった場合、身体に不調をきたすこともありますが、基本的には精神疾患にあたり、つまり「こころの健康状態」が関係しているため、精神科での受診が適切と言えます。

心療内科

心療内科には、2パターンあります。1つは従来の心療内科です。従来の心療内科とは、分かり易く言うと「こころ、身体、環境、を分けずに総合的に考えて病気を良くしていこうとする医学」と考えるといいでしょう。「心身症」という言葉をご存じでしょうか。心身症とは、「身体に問題が起きているが、その問題はこころや環境が原因になっている病気」のことです。この病気を治療していくのが従来の心療内科です。そしてもう一つの心療内科は、「精神科」のことを指します。精神科と心療内科は違うものなのですが、「精神科というと敷居が高く感じて受診に行く勇気が出ない」という人もいるため、軽度の精神疾患を患っている人でも受診しやすいように「心療内科」という表記にしたことが始まりです。ですが、精神科と心療内科は別物ということを頭に入れておきましょう。もし、症状が紛らわしく、どちらが原因になっているのか分からない場合は、一度どちらかに相談してみましょう。より適切な科へ案内してくれます。

Copyright© 2019 精神科と心療内科の違いを知って、正しい診断を! All Rights Reserved.